イラスト~アリスを考える続き

前回の”アリス”に続き…

さて、次に決めたのは”風船”についてです。
決めたと言っても”風船を描かない事”を決めたんですけどね。

”風船”は詩の中の色んな場面で出てきます。
なので”風船”をどう描くかによって
何処かの場面に限定されちゃう気がするんです。
だから”場面を曖昧”にするために描かない事にしました。

それだと見てくれた人がそれぞれ場面を思い浮かべて
独自の世界を創ってくれるんじゃないかなと。
それにハキッリとイラストで表現しすぎると
詩を読んだ人に余計なイメージを与えちゃいそうだしね。 (あくまで詩がメインなんで)


次は””についてです。

まず決めたのが”水色”をメインにすることです。

赤羽氏の詩”アリスと風船”は
彼の作品集である”7collars”の中の詩の一つです。
”7collars”は彼の個性的な7つの詩を集めたもので、
それぞれの詩に色をあてはめています。 (7つの詩に7つの色)
という事で、”アリスの風船”は”水色”なんで
イラストのメインの色も”水色”にしたんです。(赤羽氏の7collarsはこちらを参照)

イラスト全面が”水色”になるようにと考えることで、
”目の前に広がる”大空(水色)”に向かって走っていくアリス”
というイメージにつながりました。

その”アリス”は”水色”の空に映えるように、
”白”のワンピ”に”白”の麦わら帽子”と言う
白尽くめの衣装にしています。 (もともとワンピースは白と決まっていたしね)

ただし、髪の色だけは”黄色(金髪)”にしています。
これは”不思議の~”のイメージに合わせたと言うのもありますが、
裏設定として”アリス=デージー(花)”と考えていたからでもあるんです。

”デージー”といっても今あるワシャワシャっとしたやつでなくて、
素朴で小さく真ん中が黄色で花びらが白い”原種”のイメージなんです。
なので”アリス”色は”白”と”黄色(金色)”にしました。

ちなみに”アリス”の下の地面らしい部分が”白”なのは、
その部分が”白いデージーの花畑”だったり
あるいは”雲の上”と言うイメージだったりと
色々と解釈出来るようにあえて”白”にしてぼかしています。


最後にイラストの”サイズ”について。

詩”アリスの風船”は物語のような感じもするので、
”映画の一場面”のようなイラストにしようと思っていました。

だからイラストのサイズを映画の画面サイズ(2.35:1)に合わせるれば
見ただけで”物語”的な雰囲気を感じてもらえれるんじゃないかと…
そうすることで詩ともうまく合うかななんて安易に決めちゃいました。 "r(^^;) ポリポリ



…と言うことで、

イラスト”アリス”についてはこんなところです。

それにしてもアレだけ単純なイラストでも
文字にするとこんだけの意味があるとは…あーあ疲れた (´Д`) フゥ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック