下絵が描き終わりました。

”アナログ”と”デジタル”どっちがいいんだろう…

僕は絵を描くときは紙にシャーペンで描かないとダメなんです。

ペンタブレットは使っているんだけど、
パソコンで直接画面に描いていくことが出来ません。

ものすごく違和感を感じるんです。

つまり”デジタル”より”アナログ”って感じかな。


女性の下絵が無事に描き終わりました。

今回は体がうまく描けなくて本当に苦労したんですよ。

でも、そのおかげでいつも以上に集中して
良くなるまで何度も描き直していったので
かなりいい状態に仕上げることが出来ました。( ̄ー ̄)v ブイ!

と言っても、シャーペンで描いておしまいって訳にはいきません。

さらにパソコンに取り込んで線を綺麗にする作業があります。

アナログ”の絵をスキャナーで読み込むと
汚れ”があったり”線の微妙なはみ出し”なんかがあるので
それをチマチマと修正していきくんです。

ここでの出来が後の作業に大きく影響してくるので
つまらないけどきっちり時間をかけています。

絵が綺麗になったら今度は”線”じたいを綺麗にする作業です。

前までは線をぼかしたり重ねたりして見栄えを良くしてたけど
最近はアドビの”Illustrator”を使って綺麗にするのがマイブーム(古い?)。

”Illustrator”の”ライブトレース”っていう機能を使うと
”アナログ”のボソボソしている線を綺麗な線でトレースしてくれます。

どう変わったか、イラストの一部をご紹介…


画像 左が加工前(アナログ)で
 右が加工後(デジタル)です。







どうですか?見えるかなぁ。

ボソボソでボコボコしたアナログの線が
シュッとして綺麗なデジタルの線になっています。
(特に曲線がいいんです)

ただ、前の汚れを取ったりする作業で手を抜くと
綺麗にトレースしてくれないので注意! (汚れまでトレースしちゃうから)

あと、下絵を描いている時点で”ライブトレース”を考慮して
線の太さとかを気にして描かないといけません。


それにしても、多少の調整は必要だけど
ボタン一つで綺麗な線に出来るんだから…


デジタルって最高です!O(≧∇≦)O イエイ!!


…と思う”アナログ”な僕でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック